粗大ごみを捨てる際必要な料金

基本的に冷蔵庫や洗濯機、家具などのいわゆる粗大ごみを捨てるときにはお金がかかる。
そのため、ごみが多くなれば多くなるほど処分に必要な料金は膨れ上がってしまうだろう。
しかし、粗大ごみは勝手に処分してはいけない。
家電リサイクル法の制約があるのはもちろんだが、例えば冷蔵庫などを人の目に付かない場所へ捨ててしまうと、産業廃棄物の不法投棄と同じことになるため処罰されてしまう。
きちっと自分で責任を持って、適切な方法で処分することが大切だ。
ごみと言っても様々な種類があるが、処分費用は思っているほど高くはない。
もちろん自治体ごとに異なるし、不用品回収業者によっても処分にかかる費用は違う。
あくまでも目安だが、冷蔵庫のような大型家電であれば4〜5千円、洗濯機・テレビなどに関しては2〜3千円ほどが平均的な処分費用となっている。
これは回収業者の場合の料金だが、もっと安く処分できる場合もあるだろう。
パソコンやエアコンの場合も3〜4千円ほどで処分することができる。
家具は家電より処分費用は安くなっている。
こちらも目安だが、一般的な不用品回収業者ではタンスが2千円、ベッドは3〜4千円、ソファは2〜3千円程度の料金で処分することができる。
これを高いと取るか安いと取るかは人それぞれだろう。
自治体によっては、所定場所へ持ち込むことで処分してもらえる場合もある。
しかし、持ち運ぶ手間を考えると回収業者が手軽だろう。
イスや布団などは自治体に任せる方法もある。
リサイクルも検討するなど、状況に応じて使い分けよう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP