引っ越し時のはどうするか

引っ越しは大変だ。
役所で各種手続きを行い、引っ越し業者の選別や新居探し、そして荷造りが待っている。
これらの準備を全て行うとすると、少なくとも1ヶ月は準備に時間がかかってしまうだろう。
そのため、引っ越しは早めに計画を立て、スケジュールを見積もっておくことが大切だ。
特に荷造りは最も時間をとられる作業になるだろう。
一度引っ越しを行うと、場合によってはリサイクルできない粗大ごみが出てくるかもしれない。
引っ越し業者は運ぶに持つが少ないほど料金が安くなるため、費用を抑えるのであれば不用品を極力処分したほうが良い。
古い家電や家具も、引っ越し後に買い換えたほうが安く済む場合もある。
引っ越しは基本的に処分する方向で荷造りを進めるのが良いだろう。
しかし、引っ越しで出た不用品を処分するとなると話は別だ。
不用品を仕分けして処分しなければいけないし、物によっては処分費用もかかってしまう。
こちらもなるべく安く済ませたいところだが、処分方法をじっくり検討することが必要になるだろう。
引っ越し時の不用品は引っ越し業者に処分を任せることもできる。
場合によっては、この方法が最も費用が安くなることもある。
ただし急に対応してもらえないこともあるため、事前に確認することが大切だ。
品物が多いのであれば、民間の専門業者に任せてしまうのも良いだろう。
産業廃棄物の収集業者と同じように、2トン・4トントラック一杯に回収してもらえる場合がある。
料金は業者ごとに異なるので、必ず問い合わせて確認しておこう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP